DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ
DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ

> DESSIN LABORATORY      > 構図(composition) 基本的な考え方と練習       > 構図の練習。解釈模写をすることで絵画を分析

構図の練習。解釈模写をすることで絵画を分析

魅力的な構図を作れるようになるために、魅力的な画家の構図をあなたの中に取り込みましょう。

「ただ模写するだけでも十分」とあなたは思うかもしれませんが、解釈を加えることで、より描き手の意図やセンスを分析しやすくなります。

> 形をデフォルメしてデッサンの構成を考える

もくじ
▪  1. 練習の内容
 ▪  1-1. 画材の準備
 ▪  1-2. モチーフの準備
 ▪  1-3. 手順1
 ▪  1-4. 手順2
▪  2. 応用練習

1. 練習の内容

・制限時間:1時間
・目的:巨匠の構図の構成を分析する
・行動:巨匠の構図を直線だけで解釈して模写をする

1-1. 画材の準備

・スケッチブック、またはA4のコピー紙
・2Bより濃い鉛筆

> デッサンでよく使われているおすすめの鉛筆

ダヴィッドの作品

ダヴィット「ソクラテスの死」

1-2. モチーフの準備

巨匠の画集、または絵葉書。

特に、以下の人たちは構図の解釈におすすめです。

▪ レオナルド・ダ・ヴィンチ(イタリア:Leonardo da Vinci)1452─1519
▪ ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(フランス:Jean-Auguste-Dominique Ingres)1780─1867
▪ ピーテル・パウル・ルーベンス(フランドル:Peter Paul Rubens)1577─1640
▪ ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(イタリア:Michelangelo Merisi da Caravaggio)>1571─1610
▪ グスタフ・クリムト(オーストリア:Gustav Klimt)1862─1918
▪ ジャック・ルイ・ダヴィッド(フランス:Jacques-Louis David)1748─1825

もちろん、あなたの好きな画家でも構いません。

1-3. 手順1

モチーフの中から、あなたが好きな絵を1枚選びます。

そして、スケッチブックに選んだ絵の枠と同じ比率の枠を、スケッチブックに描いてください。

「ソクラテスの死」の解釈模写

上記「ソクラテスの死」を直線だけで解釈模写したもの

1-4. 手順2

では、模写をしていきましょう。

ただし、模写をするときに、あなたは直線のみを使います。そのため、モチーフの絵をそっくりに模写することができず、曲線は直線に解釈しなくてはいけません。

まずは、多少強引になってでもできるだけ少ない本数で解釈し、そこから本数を増やしていくようにします。直線はフリーハンドで構いません。定規は使いたい場合のみ使ってください。

2. 応用練習

この練習では直線に限定して模写をしました。その応用として、直線を円だけにしたり、幾何学に置き換えたりして解釈模写をしてみてください。

また、解釈する要素もいくつかあります。例えば、色(明暗)、形、タッチなどです。

解釈模写をする場合は、これらの要素をあれもこれもと欲張らずに、どれかに絞ってください。シンプルにした方が分析が行いやすいからです。

メルマガ登録へ
写実的なデッサンを描くためのシンプルなプロセス
友だち追加

LINE@でも
限定情報配信中!