DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ
DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ

> DESSIN LABORATORY      > デッサンの練習 基礎力をあげるトレーニング       > ドラペリーをシンプルにデッサンする練習

ドラペリーをシンプルにデッサンする練習

テキスト「デッサンのコツはルールの再現とシンプルさ」でも述べましたが、巨匠と呼ばれる人たちの多くは物理的なルールや、人が世界を知覚しているルールを見つけ、複雑な世界をシンプルに再現しています。

> デッサンのコツはルールの再現とシンプルさ

ドラペリー(衣服の襞・衣文)はとても複雑な様相をしているように見えます。しかし、その様相をそのまま愚直に描いても、魅力的なデッサンになることは滅多にありません。

このテキストではドラペリー(衣服の襞・衣文)を使って、対象をシンプルに解釈する練習を行います。

もくじ
▪  1. 練習の内容
 ▪  1-1. 画材の準備
 ▪  1-2. モチーフの準備
 ▪  1-3. 手順1
 ▪  1-4. 手順2
▪  2. コツは大胆に解釈してみること
▪  3. 陰影に惑わされない
▪  4. 解釈の後に写実的にしていく

1. 練習の内容

・制限時間:1〜2時間
・目的:ドラペリーを解釈してシンプルに描く
・行動:ドラペリーをルールに従ってシンプルに描く

テキスト「デッサンのコツはルールの再現とシンプルさ」を読んでからこの練習を行ってください。

> デッサンのコツはルールの再現とシンプルさ

1-1. 画材の準備

・B3の画用紙
・2H〜4Bの鉛筆
・練り消しゴム

> デッサンでよく使われているおすすめの鉛筆
> デッサン用の練り消しゴムの使い方とメリット

画用紙を机の上か、カルトンの上に設置します。描いている最中にずれてしまわないように、画鋲かクリップで固定してください。

> デッサン用のカルトン(画板)の特徴と使い方

ドラペリーのモチーフ

Fig.1

1-2. モチーフの準備

一辺が60cm程度で、白っぽい無地の布をモチーフとします。

その布をフックに引っ掛けるか、もしくは壁に押しピンで止めてドラペリーを作ります。(Fig.1)

ドラペリーを描くルール

Fig.2

1-3. 手順1

まず、ドラペリーを描くルールを確認します。Fig.2を見ながら確認してください。

・ドラペリーは「トップ」「サイド」「ボトム」の3つの面に分ける。
・「トップ」は一番明るいグレーで描く
・「サイド」は「トップ」よりも暗い、淡いグレーで描く
・「ボトム」は「サイド」よりもさらに暗い、やや濃いグレーで描く
・面が折り重なって見えるところは、その谷間を最も濃いグレーで描く

練習の例

Fig.3 練習結果の例

1-4. 手順2

ルールを確認したら、あなたが見ているドラペリーを3つの面に解釈し、置き換えていきましょう。

それができたら、ルールに合わせてそれぞれの面に色をつけていきます。3つの面の色はなるべく自然に見えるように、布の色を参考に調整してください。

2. コツは大胆に解釈してみること

慣れないうちは、複雑なドラペリーを上記のシンプルなルールに当てはめて描くのは簡単ではないと思います。

間違っていてもいいので、大胆に解釈してみましょう。そして、解釈をいろいろと試みるうちに、適切な解釈ができるようになってきます。

3. 陰影に惑わされない

この練習ではドラペリーに発生する陰影を考慮していません。と言うよりも、陰影の存在を完全に無視しているのではなく、光が正面のやや上方向から当たっている状況を想定し、色の濃さをルール化しています。

これは練習の内容をシンプルにし、解釈する方法をわかりやすく学んでもらうためです。

4. 解釈の後に写実的にしていく

面を大まかに分けて色をつけただけでは表現として物足りない、とあなたは思うかもしれません。

そんな時は、シンプルに解釈して描いた後に、面と面の境目をぼかしたり、中間色を作って滑らかにつないでみてください。

また、巨匠のデッサンや絵画を参考にすると、ドラペリーの「らしさ」を表現するための様々なヒントがあります。この練習のルールを参考に巨匠のドラペリーを分析して模写すると、さらに自然なドラペリーが描けるようになるでしょう。

参考と脚注

K・ニコライデス『デッサンの道しるべ』エルテ出版、1997年

メルマガ登録へ
写実的なデッサンを描くためのシンプルなプロセス
友だち追加

LINE@でも
限定情報配信中!