DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ
DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ

> DESSIN LABORATORY      > デッサンのコツ 見る方法と理論とテクニック       > トーンのコントロールでデッサンの表現力UP

トーンのコントロールでデッサンの表現力UP

トーン(色の調子)が変わるだけで画面の印象はずいぶん変わります。つまり、あなたがトーンを自在にコントロールできれば、あなたの描くデッサンの印象も自由にコントロールできるということです。

画面の印象はとても重要です。例えば、あなたが暗闇の中にあるろうそくの火を描こうとする場合、トーンを適切に暗くできなければ、ろうそくの火が暗闇の中にある印象を表現できません。

また、夏の太陽に照らされた公園と、冬の同じ光景の違いをどうトーンで表すのか? これができなければ、季節や温度感を表現することができません。

トーンをコントロールするためには、まずどのようなトーンがどのような印象を与えるかを知ること。加えて、トーンをコントロールする方法を知り、実際にそれを描く訓練をすることが必要です。

トーンの調整は大きく2つで、画面全体のトーンを調整する方法と、コントラストの強弱を調整する方法があります。

もくじ
▪  1. スーラのデッサンのトーンを調整
 ▪  1-1. 画面全体のトーンを暗くする
 ▪  1-2. 画面全体のトーンを明るくする
 ▪  1-3. コントラストを強くする
 ▪  1-4. コントラストを弱くする
▪  2. まとめ

スーラのデッサン

Fig.1 スーラのデッサン

1. スーラのデッサンのトーンを調整

ここではスーラ※1のデッサンを使って、トーンが変化すると印象がどのように変わるのかを見ていきましょう。

Fig.1はスーラのデッサンです。このテキストではこのデッサンを基準とし、そのトーンを変化させることで、起こった印象の変化を見ていきたいと思います。

全体を暗くしたデッサン

Fig.2 全体を暗く加工

1-1. 画面全体のトーンを暗くする

Fig.2はFig.1のトーンを全体的に暗く加工したものです。

あなたはこのトーンの変化を見て何を感じましたか? 夜、闇、室内の印象を受けたかもしれません。

また、描かれた人物の心情はどうですか? 私には、少しドロドロしたような、あまり良くない印象を受けました。

全体を明るくしたデッサン

Fig.3 全体を明るく加工

1-2. 画面全体のトーンを明るくする

Fig.3は先ほどとは逆で、Fig.1のトーンを全体的に明るく変化させたものです。

光の印象が眩しいほどで、明るく、開放的なイメージに思えます。Fig.2とは、同じモチーフを描いているとは思えないほど印象が異なります。

光の印象が眩しいほどで、明るく、開放的なイメージに思えます。Fig.2とは、同じモチーフを描いているとは思えないほど印象が異なります。

コントラストを強くしたデッサン

Fig.4 コントラストを強くした

1-3. コントラストを強くする

コントラストを強くしたのがFig.4です。コントラストは対比・対照という意味で、コントラストを強くした=色の差を大きくした、ということになります。

> 「コントラストの操作でデッサンの表現力が上達」

つまり、色の濃いところはより濃く、薄いところはより薄く変化しています。Fig.1に比べて、手前の人物は暗くなり、上の光はより明るくなっています。

そして、手前の人物の存在感が増し、立体感が強くなったように感じます。

画面全体の印象としては、コントラストを強くすると、力強く明快になり、第一印象で目を引きやすくなります。

コントラストを弱くしたデッサン

Fig.5 コントラストを弱くした

1-4. コントラストを弱くする

Fig.5はFig.1のコントラストを弱くしたものです。Fig.1に比べて色の幅が狭くなっているのがわかると思います。

デッサン全体は淡い印象に変わり、少し儚く、繊細な印象です。立体感も弱まり、より平面的に感じます。

2. まとめ

トーンを全体的に明るくしたり、暗くしたりすると、デッサンの全体的な印象や情景が変わります。

これに対して、コントラストを変化させた場合は、全体の印象だけでなく、モチーフの存在感や立体感などが変化します。

つまり、モチーフ同士で強弱をつけたい場合、例えば、目立たせたいモチーフがある場合や、距離を強調したい場合などは、コントラストを調整すると効果的だと言えます。

また、今回の加工した画像を比較してみて、どの画像が四季のどれに近いか? 温度感はどれぐらいか? などいろいろ考えてみて、あなたのデッサンに生かす方法を見つけてください。

トーンをコントロールする基礎的な訓練は以下をご覧ください。

> 「トーン扱う練習。デッサン用トーン表の作り方」

参考と脚注

※1
ジョルジュ・スーラ(フランス:Georges Seurat
1859─1891

メルマガ登録へ
写実的なデッサンを描くためのシンプルなプロセス
友だち追加

LINE@でも
限定情報配信中!