DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ
DESSIN LABORATORY デッサンがうまくなるための練習法と観察のコツ

> DESSIN LABORATORY      > 陰影(shade,shadow)、光と影 しくみと練習       > 線だけで陰影をデッサンする方法

線だけで陰影をデッサンする方法

ラファエロの素描

ラファエロ※1の素描

陰影のところはいつも色を塗りこむ、とは限りません。「明度のコントラストを使って陰影をデッサン」でも述べましたが、陰影は鑑賞者にそれと感じさせることができればよいのです。

ベタッと暗部を塗りつぶさなくても、線で軽快に暗部を暗示することが可能です。

> 「明度のコントラストを使って陰影をデッサン」

もくじ
▪  線だけで陰影を表している紙幣
▪  均等に揃った斜線で陰影をつける

日本の五千円札(樋口一葉)の部分の写真

五千円札(樋口一葉)の部分写真

線だけで陰影を表している紙幣

陰影は線で表現することができます。線で陰影を描く最もシンプルな方法は、線の太さ、または本数を変えることです。明るい面にある線は細く(少なく)、暗い面にある線ほど太く(多く)します。

あなたの一番身近にある、線を使って陰影を表しているものは「紙幣」です。財布の中にあればぜひ、今取り出して見てください。

紙幣は線だけで描画されており、塗りの要素はありません。それでも明快な陰影、立体が見事に表現されています。

ダ・ヴィンチの素描

ダ・ヴィンチ※2の素描

均等に揃った斜線で陰影をつける

先ほどの紙幣の例では形の表面の凸凹に合わせて線の向きが変化しています。そうすれば、より強固な立体感を表現できます。

そこまでせずに、均等に揃った線で暗部を表すこともあります。ダ・ヴィンチの素描の中で、暗い面を線で描いているものがあります。そこで見られる線は、同じ方向に揃った斜線です。これでも十分な陰影と立体感が表現されています。

どちらがよいかは、そのときどきの描画の目的や美的感覚によって判断します。

参考と脚注

※1
ラファエロ・サンティ(イタリア:Raffaello Santi
1483─1520
※2
レオナルド・ダ・ヴィンチ(イタリア:Leonardo da Vinci
1452─1519

メルマガ登録へ
写実的なデッサンを描くためのシンプルなプロセス
友だち追加

LINE@でも
限定情報配信中!